ブログ

日本文化の味わい『般若書体』インタビュー公開!薩摩のさつまHAIKEI-note-

「薩摩のさつま」のロゴや、幟旗に使われている文字は、坂口綱紀氏の生前最後の書となりました。

現在は御子息、お孫さんへ受け継がれております。

私達の町の住所は「鹿児島県薩摩郡さつま町」

これだけ鹿児島らしい住所はないですよね!

繋がりを活かして、褒め合い・支え合いの生まれる素敵な町です。

綱紀氏の揮毫下さった「薩摩のさつま」の文字からは力強さと優しさが伝わってくるようです。

#Repost @satsumanosatsuma with @use.repost

・・・

「日本文化の味わい『般若書体』インタビュー公開!」
https://note.com/satsuma_s320/n/n86b8d8e5f997

今回はさつま町で、毛筆フォント『般若書体』を作る株式会社昭和書体 代表取締役会長の坂口茂樹さんにお話をお聞きしました。

毛筆による味わい深い書体の数々。有名なゲームやアニメでも使用される書体は、実は人が一文字一文字を丁寧に手書きで書いているという、気が遠くなるほどの職人技による賜物です。手書き文字をフォント化して世に残すという行為。その背景にある想いとは…。

インタビューはnote「薩摩のさつま / HAIKEI」にて公開中です。

※noteへはプロフィールのURLからアクセスいただけます。

多くの方にお届けしたい背景、ぜひご賞味ください。

(投稿:田口/取材:青嵜)

_____

…支え合う、褒め合う、優しい連鎖の広がりを目指して…

#薩摩のさつま 「愛着と誇りを持てる町に」

#鹿児島県#さつま町#昭和書体#毛筆フォント#般若書体

#筆文字#筆文字フォント#筆#calligraphy#デザイン#フォント

#鬼滅の刃#鬼滅#職人#フォント職人

#明治創業#伝統#唯一無二#100年続く#創業125年

#地域プロジェクト#地域ブランディング#拝啓から始まるお便り

2024年 5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

休業日(発送・電話受付)